成人向け催眠小説 奴隷



さあ、その調子で私のものをしゃぶり続けなさい

君はなかなか上手だ

ご褒美をあげないといけないね

君は今素直に言葉を受け入れることができる状態だったね

君の口がいやらしいおマンコになる

3・2・1・0

ほぉら、ぐちょぐちょのおマンコをいっぱい突いてあげよう

ぶちゅ、ずびゅ

私が射精をするとその瞬間に君は絶頂する

うっ、出るっ

ちゃんとイクことができたようだね

さあ、私への忠誠を誓うのなら口のものを全部飲みなさい

ふふふ、これで君は私の奴隷だ

end





















暗黒催眠空間トップページ