催眠誘導部分
----------------------------------------
 理想の女性のことを考えてください。
その女性のことを上から下まで、鮮明に想い描いてください。
本当にそこに、その女性が、いるように感じる。
その人のことを想うと、胸がキュンとしめつけられる。あなたは、その女の人の
ことが大好きです。
心の中に、その女性のイメージが棲みつく。
 顔を上げてください。目の前に大きな鏡があります。
そこに、
首輪をはめられ、ボンデージコスチュームを着たあなたの理想の女性が映ってい
ます。
あなたは、その女性が、あなたのどんな欲望もかなえてくれることを知っていま
す。
鏡の中の女性の目を見つめてください。ジッと見つめる。
鏡の中の女性もあなたを見つめる。熱い視線で見つめる。あなたは、その女性に
心を奪われる。
意識と意識が、つながる。
鏡の中の女性...、それは、あなたです。
 あなたの意識が、(あなたの)理想の女性の身体の中に入りました。それを感じ
てください。
 街を歩けば、誰もがふりむくような美人です。
 あなたは、おだやかな生活を送っている女性ですが、それは、あなたの本当の
姿ではありません。
気付いていなかったかもしれませんけど、あなたは、マゾ。
いつもえっちなことを考えて、あそこを濡らしているマゾ女です。
ネチネチと、いじめられることをいつでも望んでいるマゾ女。
 大きなムネに優しくさわってください。ムネがふくらんでいく。淫らなムネが
ふくらんでいく。
ムネが気持ちいい。誰かに乳首をいじってほしい。
あそこからは、えっちなジュースがあふれだしている。あそこも気持ちいい。
誰かにあそこを踏みつけてほしい。
ホラ!今、ドキンとしたでしょう?あなたが、マゾだから...
 あなたの身体は、全てが性感帯。どこをさわっても気持ちいい。
あなたは、知ってる。気持ちいいのは幸せ。幸せは、気持ちいい。
気持ち良かったら幸せ。知ってるでしょ?
だから、快感を求める。もっと気持ちよくなりたいと願う。
 あなたのえっちな身体は、あなたの自由に使えばいい。
好きなようにいじって快感に身をまかせればいい。
えっちなあなたは、あそこをいじるのがやめられない。
 もっと幸せになりたい?もっと気持ち良くなりたい?
教えてあげる。
究極の快感はね...、マゾ。
マゾになることだよ。
あなたは、なりたい。なりたい...。マゾになりたい。
あなたの心に、あこがれが生まれたよ。
心の中で、マゾのイメージがどんどんふくらんでいく。
どんなマゾになるの?、どんな世界が待っているの?想いをめぐらせてワクワク
する。
マゾのあなたが、動きだすよ。それは、とても素敵なこと。
 あなたは、マゾ犬。
 四つん這いになって、部屋の中を歩いてごらん。見ててあげる。
歩きなさい。歩きなさい。あなたは、犬なんだから。
散歩に行きましょうか。道を歩いていると、みんなが蔑んだ目で見ているね。
みんなの視線でイッてしまう。
 今、通りすぎた人は、あなたのことを「変態」って言ってたよ。
キツい言葉に、ゾクゾクした快感を感じてしまうね。
マゾになれば、いつでも、幸せを感じられるよ。
ツラい記憶も、はずかしい記憶も、全部、快感。
私の言うことを聞いていれば、気持ちいい。
 今、生まれ変わる。あなたは、マゾとして、生まれ変わる。
これまでのことは、忘れましょ。
ご主人様に気にいられるマゾになろうね。
あなたは、素直に言うことをきく奴隷。
マゾになることことを 望み、その世界にあこがれ、その快感に溺れる。
私が、あなたの中のマゾを育ててあげる。
あなたは、私のことが、忘れられない。
何度も何度もこの世界に戻ってきて、私に出会い、あなたのマゾ性は強くなって
いく。
催眠状態は、気持ちいい。

 というキーワードを聞くと、あなたの中のマゾが目を覚ます。

 これから、あなたは、誰にも知られずに、淫らな二重生活を送っていきます。
昼間は、淑女。そして、夜は奴隷として、飼われるマゾ。安心して、この世界に
はまりなさい。
みんなには内緒にしておいてあげるからね。

----------------------------------------




暗黒催眠空間トップページ