GOLD BALL−亀頭仙人のありがた〜い作品解説−A


☆登場人物☆

・珍小空
・亀頭仙人
・クリトリ
・ねこまんま(特別出演)


A『マゾ化計画T』
 『マゾ化計画U+危険洗脳バージョン』

亀頭仙人「さて、次も人気の高いシリーズじゃ。まずは『マゾ化計画T』。
     自分の好きな女性を聞き手にイメージさせ、その女性から
     催眠術をかけられるという感じの話じゃ。好きな女性のお願い
     だからと、言われるとおりにしてると、いつの間にかどんどん
     はまっていってしまうのじゃよ」
クリトリ「気付いた時にはもう女性のいいなりになってるというわけですよね」
珍小空「何かさっきからやたら女が主導権握ってるな」
亀頭仙人「まあ、さっきのリコシリーズにしても、このマゾ化シリーズにしても
     女性に犯してもらいたいという欲求を持っている男の聞き手が多い
     からのう」
クリトリ「『マゾ』と言われると気持ちよくなれるという暗示を入れられたあとは、
     淡々とそのフレーズ入りの文章を朗読されるだけで、すごく気持ちよく
     なれるとか」
亀頭仙人「そうじゃな。【もっと『マゾ』って言って状態】になるのは確実じゃろう。
     最後のほうは、「嫌なことは全部捨ててしまおう」みたいな感じで、聞き
     終えたあとはすっきりするじゃろうな」
クリトリ「頭の中で自分で『マゾ』をリピートするのも気持ちよいとか」
珍小空「『マゾ』ってなんだ?」
亀頭仙人「いじめられると気持ちよくなってしまう性癖の持ち主じゃ」
珍小空「へえ、変なやつらがいるもんだな」
亀頭仙人「そして、次に『マゾ化計画U+危険洗脳バージョン』。Tと同じく好きな女性
     が出てくるシリーズじゃ。ただ、Tより内容は変態的になっておるぞ。【される
     命令が変態的であればあるほど、快感は強くなっていく】という暗示のあとは
     特にな」
クリトリ「犬にされてしまうんでしたっけ」
亀頭仙人「そうじゃ。それで、吠えさせられたり、首輪をつけた状態で四つんばいになって
     歩かされたり、女性の足を舐めさせられたり…あくまでもイメージの上でじゃが、
     それをすると気持ちよくなれるのじゃよ」
珍小空「よくわかんねえ世界だな」
クリトリ「2度目以降に聞く洗脳バージョンは、繰り返される言葉があったりして、より
     危険になっているんですよね」
亀頭仙人「そうじゃな。危険というか、より幸せな快感が味わえるという感じじゃな。
     リコ様のほうは、無理やりイカされるという作風なので、嫌いな者もいるようじゃ
     が、マゾ化のほうは、好きな女性に自分をささげている作風なので、幸せいっぱい
     じゃ。だから、ファンも多い。続編を首を長くして待っている者がたくさんおる
     のもうなずけるわい」























暗黒催眠空間トップページ