成人向け催眠小説 hypnowindbell02




-------------------- hypno wind-bell --------------------------------------



「お待たせしました。

あなたは今、とても深いところに居ますね...

そして体もさわやかになってきています。


とっても深くて、気持ちがいい.....」










「ああ、そうだ。

風邪をひいてはまずいですから、上にこれ、かけてあげますね。」




シュル、シュル.....


パサッ




フワッ



「はい、どうですか?ちょうどいいですか?


そしてなんだかこのにおい.....






そう、いいにおいですね....




何のにおいかは...もう、あなたも知っています...




さっきからかいでいたあなたの身近な人のにおい....




あなたをずーっと気持ちのいいところへ留めてくれる人のにおい....





あなたを深ーいところへ落としてくれる人のにおい...




あなたはいつの間にかそのにおいにやみつきになってしまっています。




体は動けないから...においだけに、すーっと意識が持っていかれる...


集中する....もっと集中....ほら、意識が匂いに惹きつけられる...」








パフッ







「ほら、あなたにかけられたさっきの着物、





あなたの顔にもかけてあげる....




もっといいにおいがあなたの中に入ってくる....




あなたの頭の中に入ってくる....



あなたの魂の中にも入ってくる....



心も頭も魂もこのにおいで満たされる....




あなたのすべてににおいが満ちる...




そして....なんだかもっとほわーんとなってきて....



なんだかすべてがとろけるくらいに気持ちがいい....



いいにおい....このにおいは大好きなにおい....



あなたのすべてが溶けていって....溶けていって...




何もわからなくなる....気持ちがいいだけ....」









「あなたの意識はもうそのにおいだけ....




そしてだんだんと...





なにかが渦巻く感覚....




おなかの下辺りににおいが集まってどんどんたまっていっています....




そして魚が泳ぐようにぐるぐる回ってくる....




からだが熱くなってくる....




いいにおい....それは私のにおい....





私のにおいがいろんなところで回ってくる...




おなかの下....ぐるぐる....




そして上に行って頭の中....ぐるぐる....




とてもいいにおいはあなたが呼吸をすればするほど、





どんどん体の中に入ってきて....もっともっと欲しくなる....





さあ、もっともっとすって....それは私のにおいだから....




もっともっと....ほら、深呼吸....





そう、自分のペースで....




身体じゅうで....ぐるぐる.....」














「さあ、この状態で目が勝手に開いてしまいますよ...



私が手をたたくと目が開いてしまいます。




3、2、1、




”パンッ”





ほら目が開く..でも白目。




あなたが白目をむいても真っ白な世界....




ほら...するともっと気持ちがよくなる....




そして白目をむいたまま、











あなたは自分の気持ちのいいところを弄んでしまいます....






私が手をたたくとそうなってしまう....







”パンッ”






ほら、好きなところをさわって....




そう、どんどんさわってしまう...




とまらなくなる....」






「においをかいで....




手を止めずににおいをかぐと感度が上がっていく....





ふふ、私の着物をそんなにかいじゃって....



もう離れられなくなっちゃったね....




でも気持ちいいものね....










風鈴の音も耳に入ってきた....





”チリーン、チリーン”




この音は落ちる合図.....




つまり...いやらしい世界に落ちる合図...



だからほら、感度が2倍、3倍、と上がっていく....





風鈴の音が聞こえるたびに上がっていく....」














「このまま、ずーっと続けていてね....




風鈴の音と私のにおいに包まれて逝ってしまうまで...












いつ逝ってもいいの....



逝けば気持ちよく私の虜になれるから....



だから、ずっと.....」














チリーン







チリーン







チリーン





.
.
.
.
.









































暗黒催眠空間トップページ