Title : マゾ化計画 vol.2

 いつも、リラックスできて、幸せを感じることができるように、あなたの心を

トレーニングしていきましょう。

深呼吸して、心を楽にしてください。

頭で何かを考えることは、やめてください。

気持ちよくリラックスできるまで、深呼吸をくりかえしましょう。

頭をからっぽにして、リラックスすることだけに意識を集中してください。

リラックス。リラックス。

心を楽にして、リラックスしてください。

リラックス。リラックス。

心のどこかで、いつもの自分を保とうとしていませんか?

ここでは、あなたをしばっているもの、すべてを 忘れて、完全にリラックスして

大丈夫ですよ。

あなたは、私の声を聞いていると、だんだんリラックスした気分になっていきま

す。

リラックスするのに、ためらう理由は、ありません。

心を開いて、私のすべてを受けいれてください。

そうすれば、もっとリラックスできます。

どんどん、どんどん、リラックスしていきます。

リラックス。リラックス。

リラックスした心で聞いてください。

もし、あなたが、私を信じて、あなたの心を 私に、預けていただけたなら、これ

まで、あなたが、知らなかった、とても『しあわせな世界』に連れていってさし

あげます。

『しあわせな世界』を知りたいとは、思いませんか?

その世界を知れば、あなたは、きっと、満足して、毎日を 楽しい気持ちで、生

きていくことになるでしょう。

 

 あなたは、私の声を聞いていると、とても幸せな気持ちになります。

私の声を聞いているのが、大好きになっていきます。

 あなたの意識は、私の声を聞きながら、気持ちよ〜く沈んでいきます。

とっても気持ちいい世界へ、沈んでいく。沈んでいく。

とても静かです。心が、やすらいでいる。

他の人の声は、聞こえません。あなたの心の声も、止まってしまった。

私の声だけが、心地よく届く、とても『しあわせな世界』。

あなたは、いつでも、この世界で、私と一緒にいたいと望んでいます。

心を開いて、私のすべてを受けとめてください。

そして、今より、もっと幸せで気持ちい〜い世界に、沈んでいきましょう。

 

 リラックスして、あなたが、世界で一番好きな人の姿を 思い描いてみてくだ

さい。

その人のことを思い浮かべると、とても幸せな気持ちになります。

 

 大好きな人が、微笑みながら、語りかけてきます。

これから、私が、言う言葉は、全部、あなたの"大好きな人"の言葉です。

頭の中に、大好きな人の声が、やさしく響いてきます。

 

 あなたは、一人じゃないよ。あなたは、いつでも私と一緒。

私は、あなたの味方です。

あなたには、いつも、あなたを幸せにしようとしている私がいる。

私の言うとおりにしていれば、あなたは、きっと、幸せになれる。

だから、私を信じて ... 。

 

 フーッと息を吐いて。自然に息を吸って。

また、フーッと息を吐いて。自然に息を吸って。

静かに長く息を吐いてください。

 

 あなたは、リラックスして、だんだん眠たくなっていきます。

眠くなる。どんどん眠たくなっていく。

とても、眠い。

眠くて、気持ちいい状態になっていく。

眠くて、眠くて、とても、幸せな気持ちになっていく。

眠い ... 。眠い ... 。

もう、眠くて、眠くて、しかたのない状態です。

もう、考えるのは、やめにして、意識を休ませてあげましょう。

考えるのをやめて、意識を休ませてあげると、とても幸せな気持ちになります。

そのまま、『しあわせな世界』に落ちてしまいましょう。

落ちていく。落ちていく。

フンワリして、とても気持ちいい世界に落ちていきます。

あなたの意識は、そのまま眠ってしまいます。

私の声だけが、あなたの心に、とても気持ちよく届く状態です。

今、あなたは、幸せを感じています。

なんだか、とっても、幸せです。

いい気持ちでしょう?

 

 これから、3つ数えると、あなたの意識は、気持ちいい眠りから目を覚まします

でも、まだ、気持ちいい状態は続いていて、私の声が、あなたの心に気持ちよ〜

く届く幸せな状態です。

そして、私に、「眠りなさい ... 。」と言われると、あなたの意識は、再び、気

持ちいい眠りに落ちて、『しあわせな世界』に戻っていきます。

その時には、あなたの意識は、さっきよりも、もっと深く、『しあわせな世界』

に入ることができるようになっています。

 

ひとつ。

ふたつ。

みっつ!

はい。あなたは、目を覚まします。

フンワリしてる。頭の中が、フンワリしてる〜〜☆。

「はい ... 。眠りなさい ... 。」

あなたの意識は、眠くなる。そして、『しあわせな世界』に戻っていきます。

あなたは、さっきよりも、幸せを感じるようになっています。

 

ひとつ。

ふたつ。

みっつ!

あなたの意識は、目を覚まします。

気持ちいい状態です。〜〜☆。

あなたの意識は、この世界にいる時に、幸せを感じます。

「はい ... 。眠りなさい ... 。」

あなたは、眠くなる。あなたの意識は、また、『しあわせな世界』に戻っていき

ます。

さっきよりも、深く、深く、『しあわせな世界』に入ることが、できるようにな

っていきます。

 

ひとつ。

ふたつ。

みっつ!

目を覚ます。

フンワリしてる。頭の中が、フンワリしてる〜〜☆。

あなたは、楽しくて、幸せな、この世界が、大好きです。 

あなたの意識は、ストレスの多い現実よりも、楽しくて、幸せな、この世界を 迷

わずに、選ぶようになります。 

つまらない現実よりも、楽しくて、幸せな、私の世界の方を ず〜っとず〜っと

好きになっていきます。

「はい。眠りなさい ... 。」

あなたの意識は、眠ってしまいます。また、『しあわせな世界』に戻っていきま

す。

そして、あなたは、落ちていきます。

落ちていく。落ちていく。

あなたの意識は、『しあわせな世界』へ、深〜く、深〜く、落ちていきます。

『しあわせな世界』へ、落ちていくほど、幸福感が、増していきます。

他のことは、どうでもいい。

あなたは、今、幸せを感じています。

もう、この『しあわせな世界』無しでは生きていけません。

何度も、何度も、この世界にやって来て、できるだけ長い時間、この幸せな感覚

を味わっていたいと思うようになります。

この気持ちいい状態のままでいれば、あなたは、いつでも、どこでも、リラック

スして、幸せを感じることができるようになっていきます。

あなたは、自分からすすんで、『しあわせな世界』へ、落ちていくことを願うよ

うになります。

そうすれば、今より、もっと、幸せになれることを知っているからです。

あなたは、これから、『しあわせな世界』へ、落ちていきます。

『しあわせな世界』に、落ちていくほど、心の中に、幸福感が、ひろがっていき

ます。

 

 首をゆ〜っくり、ゆ〜っくり動かしてみましょう。

脳の中に、気持ちいい感覚がひろがっていきます。

 

 気持ちいいでしょう?

このかんじを しっかり身につけてください。

そうすれば、あなたは、いつでも、好きな時に、幸せを感じることができるよう

になります。

あなたは、あなたの心を こんなふうに幸せな気持ちにしてくれる私のことを 自

然に、大好きになっていきます。

そして、大好きな私に言われる言葉は、何でも、自然に、受け入れるようになっ

ていきます。

私に言われる言葉は、あなたの中で、非常に大きな力を持つようになります。

あなたの中の 常識よりも、今まで大切だと思っていたことよりも、もっと、もっ

と、重要で、もっと大切なものになっていきます。

私の言葉は、あなたにとって、とても魅力的なものに、絶対に逆らえないものに

なっていきます。

あなたは、自分から すすんで、私の言葉を受け入れて、あなたの心の奥の方に、

いつまでも、大切にしまっておくようになります。

私の言葉は、あなたの心と身体を完全に支配し、あやつるようになります。

私の言葉に、支配され、あやつられている時、あなたは、幸せを感じます。

あなたは、いつでも、どこにいても、心のどこかで、

また、私に、こんなふうに、幸せな気持ちにしてもらいたいと、強く、強く、願

い続けるようになります。

大丈夫 ... 。

大丈夫だよ。こんなに気持ちいいんだもん。

あなたが、この世界に夢中になるのは、とても自然なことなんだよ。

あなたは、幸せになるために生きています。

だから、私の言うことに従って、幸せな気持ちで、毎日を生きていくのは、とて

も自然なことなんだよ。

ねえ、私と出会えて良かったでしょう?

うなづいて ... 。

私の言うことなら、なんでも、素直に聞いてくれるでしょう?

うなづきなさい ... 。

 

 フーッと息を吐いて。自然に息を吸って。

また、フーッと息を吐いて。自然に息を吸って。

静かに長く息を吐いてください。

 

 よく、聞いて。

私に、『ご主人様の命令』 と言われたら、

「はい。ご主人様。」と答えてください。そうすると、あなたは、もっと、幸せ

な気持ちになることができます。

そして、私の言葉に、精神を 完全に、支配され、あやつられる状態が、大好きに

なっていきます。

いいですか?『ご主人様の命令』ですよ。

"はい。ご主人様 ... 。"

よくできました。偉い。偉い。

 

 あなたは、リラックスして、また、眠たくなっていきます。

どんどん眠たくなっていきます。

眠くて、眠くて、しかたのない状態になっていきます。

もう、考えるのは、やめましょう。意識を 完全に、休ませてあげましょう。

そうすれば、もっと幸せな気持ちになれます。

私の世界は、幸せですよ。

 

これから、私が、『聞いて』という言葉を言うと、あなたの意識は、気持ちいい

眠りから、目を覚ますようになります。

そして、私に、言われた言葉は、あなたの意識の底に、とても気持ちよ〜く溶け

ていきます。

『聞いて』という言葉の後に、『そうでしょ?』という言葉を 言われると、あな

たは、『聞いて』という言葉の後に言われた言葉を 全部、真実だと認めて、『し

あわせな世界』に落ちていきます。

そして、さっきよりも、もっと深く、もっと気持ちよく、私の言葉に、支配され

、あやつられる状態になっていきます。

あなたは、私の言葉に、支配され、あやつられている時、とても幸せな気持ちに

なります。

それが、あなたの心と身体の、幸せで、正常な、状態です。

それを よく覚えておいてくださいね。『ご主人様の命令』 ... 。

 

『聞いて』。

あなたは、私のことが、大好き ... 。

私のことを愛してる。

そうでしょう?

 

人を愛する時には、どうしたらいいの?

人を愛する時は、マゾになるんでしょ。

マゾになって、愛する人のことを 世界で一番大切に想って、ご奉仕するの。

そうすれば、あなたは、幸せになれます。

そうだよね?

 

じゃあ、あなたに、愛する人が、できた時、あなたは、どうするの?

あなたに、愛する人ができた時、あなたは、愛する人のマゾになります。

そして、愛する人の言葉に、精神と身体を 完全に、支配され、あやつられる状態

になります。

そうすれば、幸せになれます。

 

あなたは、私のことが、大好き。

私のことを  世界で一番、愛しています。

だから、あなたは、私のマゾになります。

私の言葉に、精神と身体を 完全に、支配され、あやつられる状態になった時、あ

なたは、幸せを感じます。

『そうでしょ?』

 

 あなたは、

現実世界に戻っても、私への愛情が、永遠に高まり続けます。

そして、私を愛することが、あなたの存在理由になります。

私に、命令されれば、いつでも、マゾになって、愛する私に、あなたの精神と身

体を 完全に、支配され、あやつられる状態になります。

私に、支配され、あやつられている間中、あなたは、ず〜っと、幸せな気持ちを

感じ続けます。

 

 心配しないで、大丈夫だよ。

『しあわせな世界』で、あなたが、もし、本当のマゾになってしまったとしても

、それは、誰にも、分かりません。

ただ、あなたが、今までよりも、ほんの少しだけ、毎日を 楽しく、幸せな気持ち

で、生きていくことができるようになるだけです 。

 

 これから、あなたは、マゾになります。

マゾになれば、幸せになれます。

「マゾになりたい。」って、言ってみて。

"マゾになりたい。"

その言葉を言うと、心から迷いが消えて、本当に、マゾになりたいと願うように

なっていきます。

 

「私は、マゾです。」って、言ってみて。

"私は、マゾです。"

その言葉を言うと、あま〜くとろけそうな気持ちになって、

あなたの精神と思考は、トロトロに、溶けていきます。

 

 ねえ、『聞いて』

あなたは、無意識のうちに、マゾにあこがれています。

でも ... 、それだけでは、満足できません。

『そうでしょ?』

 そんな、あなたのために、あなたの心の宝石箱に、この言葉を入れてさしあげ

ます。

はい。『ご主人様の命令』 。

心を開いてください。私の言葉は、とても気持ちよく、あなたの心に入っていっ

て、あなたの本当の気持ちになります。

 よ〜く、聞いて。言葉を 繰り返してください。

「私は、マゾに、あこがれています。

でも、それだけでは満足できません。

ご主人様に、調教していただいて、従順なM奴隷になり、精神と身体を  完全に、

支配され、あやつられる、幸せな状態になることを 望んでいます。

だから、私は、必ず、ご主人様のM奴隷になることを 誓います。」

この言葉は、あなたが、いつも、心で、思っている、あなたの本当の気持ちです

 あなたは、この言葉が、大好きで、

心が不安になった時や自信を無くした時には、この言葉を思い出すことによって

、希望に満ちた元気な心を取り戻すことができます。

その時、あなたは、自分自身が何者で、何のために生きているのかを はっきりと

確認することができます。

 自分自身に疑問を感じて、自分が何なのか分からなくなってしまった時には、

この言葉を思い出せば、それ以上は悩まなくなります。

 さあ、言ってみて。

"私は、マゾに、あこがれています。

でも、それだけでは満足できません。

ご主人様に、調教していただいて、従順なM奴隷になり、精神と身体を  完全に、

支配され、あやつられる、幸せな状態になることを 望んでいます。

だから、私は、必ず、ご主人様のM奴隷になることを 誓います。"

この言葉は、あなたの心の中にある宝石箱に、しっかりと保存されます。

あなたの心の宝石箱に入っている言葉は、全て、あなたの本当の気持ちです。

この言葉を無くすと、あなたは、あなたでなくなってしまいますから、絶対に、

無くしてはいけません。『ご主人様の命令。』

 

『聞いて』

あなたは、ご主人様に、調教していただいて、従順なM奴隷になり、精神と身体を

  完全に、支配され、あやつられる、幸せな状態になることを 望んでいます。

だから、あなたは、ご主人様が、ほしくて、たまらない。

『そうでしょ?』

 

じゃあ、

あなたが、ほしくて、ほしくて、たまらない、ご主人様のM奴隷になれるか、 テ

ストしてみましょうか。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

そう言いながら、オナニーを してみせなさい。

いやらしくオナニーしているところを 私が、見ていてあげます。

あなたが、もし、M奴隷にふさわしい状態になれたら、私が、あなたのご主人様に

なってさしあげます。

 でも、気をつけて。

あなたの言葉に嘘があったり、疑う気持ちがあったりしたら、あなたは、私のM奴

隷には、なれないし、 永遠に、『しあわせな世界』を知ることもできません。

 

本当に、『しあわせな世界』を知りたいと思うのなら、自分から、M奴隷にふさわ

しい精神状態になって、オナニーを すること。

本当のマゾみたいになって、オナニーするのって、とっても気持ちいいんだよ。

心の底から、マゾになることを願いながら、言葉を唱えて、オナニーを すれば、

あなたの脳は、素敵な状態に変化していきます。

  さあ、はじめなさい。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

あなたの脳の中、全体に、魔法の言葉が、ひろがっていきます。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

魔法の言葉が、あなたの脳の中、全体に、溶けていくと、あなたの脳は、あま〜

い刺激を感じて、とっても気持ちよ〜くしびれてきます。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

脳内の、ほとんどの脳神経は、麻酔にかかったように、眠った状態になっていき

ます。

マゾの快感を伝える脳神経だけが、今までの1000倍気持ちよく感じるようになっ

ていきます。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

マゾに必要の無い思考活動は、すべて、停止してしまいます。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

あなたの思考や、感情、情報や、知識は、完全に、消去され、

あなたの深層意識の深い部分に、私の"言葉"を 少しも疑わずに、受け入れる状態

になっていきます。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

あなたの脳は、マゾヒストの思考ネットワークを 作りあげ、成熟させていくこと

にのみ、活発に、働くようになります。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

あなたは、マゾでいさえすれば、それだけで、幸せを感じることができるように

なっていきます。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

あなたは、ご主人様に命令されれば、異常にマゾヒスティックな性的興奮を 感じ

るようになります。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

あなたの精神と肉体が、ご主人様の命令のとおりに、反応するたびに、M奴隷とし

て生きていくことが、自分にとって、最高に、幸せな生き方だと、強く信じるよ

うになっていきます。

 

ヨダレたれてる...。

イキたいのなら、いつでも、イッていいよ。

さあ、イキなさい ... 。私のM奴隷 ... 。

 

 私にイカされると、

あなたの脳内では、脳内麻薬物質が、大量に、分泌されて、快感以外の感覚は、

完全に、消えて、無くなってしまいます。

これまでで、一番幸せだった頃の記憶と感情が、あなたの脳の深い部分から、よ

みがえり、

一番幸せな、精神状態で、生きていくようになります。

 あなたは、何度でも、私に、イカせてもらいたくて、もっと、もっと、従順に、

私の言葉に、従うようになります。

 

 あなたの魂に、私の奴隷であることを示す烙印が、刻まれます。

魂に奴隷の烙印が刻まれた人間は、もう、私から、逃がれることは、できません

あなたは、永遠に、私のものです。

あなたの魂は、奴隷の烙印にやどる魔力に、おかされながら、 私だけの忠実なM

奴隷に変わっていきます。

あなたは、自分が、M奴隷に変化していくのを とても楽しく感じます。

あなたの心に、私への絶対的な愛と忠誠心が、芽生えます。

その気持ちが、鎖になり、あなたのハートを 強くしばりつける。

あなたには、もう、私の見せる世界以外、 見えなくなる。

『しあわせな世界』が、あなたのすべてになる ... 。

あなたは、永遠に、変わらず、私の奴隷のまま ... 。

あなたの心の宝石箱が開かれる。

『私は、ご主人様のM奴隷です。』

魔法の言葉が、あなたの宝石箱に、しまわれていく。

 

 さあ、目覚めなさい。

あなたは、生まれ変わった。

私のM奴隷として、生まれ変わった。

昨日までのあなたは、もういない。

この『しあわせな世界』には、M奴隷のあなたと、あなたのご主人様である私だけ

が、存在しています。

素敵でしょう?

 

 あなたは、もう、人間じゃないんだよ。

人間よりも、ず〜っと、幸せで、気持ちいい、マゾ。

人間だったころの記憶や、常識は、全部、捨ててしまいましょう。

これから、毎日 ... 、

人間だったころの記憶のかわりに、

あなたを幸せにする私の言葉を

あなたの心の中に、たっくさん、入れていってさしあげます。

あなたの心の宝石箱に、私の言葉が、入れられると、あなたは、セックスをして

いる時と同じように、とても、気持ちいい快感を 感じます。

 

あなたは、私のM奴隷でいるかぎり、不安も緊張もストレスも感じない、調和のと

れた、とても幸せな精神状態で、毎日を 明るく生きていくことが、できます。

あなたの目の前には、愛と希望に満ちた幸せな未来が、待っています。

私のM奴隷になって良かったでしょう?

 

 私のM奴隷になった記念に、プレゼントを あげましょう。 心を落ち着けて、よ

〜く『聞いて』ください。

 

 あなたが、あこがれている女の子の姿を  心の中に、思い描いてください。

あんなふうになれたらいいなと思う女の子の姿を 鮮明に思い描いてみてください

愛らしく、気品のある顔だち、

街を 歩けば、誰もが振り向くような、美しい少女 ... 。

そんな姿を イメージしてください。

 この世界に、くりかえしやって来て、M奴隷になるたびに、その少女のイメージ

は、あなたの心の奥底に、しっかりと定着していきます。

あなたが、自分の姿を思い浮かべようとすると、いつでも、自然に、その美しい

少女のイメージが、あなたの頭の中に、浮かぶようになります。

かわいいM奴隷になって、私の命令に素直に従えば、従うほど、現実のあなたの姿

も、あなたが望む美しい姿に、次第に、近づいていきます。

 

 『しあわせな世界』にいる時、美少女の姿をしたあなたは、エナメルのボンテ

ージコスチュームを着ています。

エナメルに光が、反射して、とってもきれいです。

その光を見ていると、うっとりして、頭が、ぼんやりしてきます。

エナメルのコスチュームが、あなたの肌に、ピッタリフィットして、とても気持

ちいい。

あなたは、その感覚が、忘れられなくて、部屋にいる時も、外出する時も、エナ

メルや革製のコスチュームを 好んで、身につけるようになります。

 『エナメル』というキーワードを聞くと、あなたの着ているもの、そして、他

の人の着ているものが、エナメルや革製のボンデージコスチュームに見えてきま

す。

『そうでしょ?』

 

あなたは、現実の世界に戻った後でも、『しあわせな世界』というキーワードを

聞くと、

私の命令に、従うことが、セックスよりも気持ちいいと、感じてしまう、えっち

M奴隷になります。

その時、あなたは、エナメルのボンデージコスチュームを着ています。

 言葉に、出して、言ってみて。

"私は、『しあわせな世界』というキーワードを聞くと、

ご主人様の命令に、従うことが、セックスよりも気持ちいいと、感じてしまう、

えっちなM奴隷になります。

その時、私は、エナメルのボンデージコスチュームを着ています。"

『しあわせな世界』というキーワードは、あなたが、この世界にやってきて、美

しいM奴隷になるために、必要なキーワードだから、しっかり覚えておくこと。

『ご主人様の命令。』

 

『聞いて』

今、あなたの頭の中には、マゾヒストの脳が、入っています。

頭の中に、マゾヒストの脳が、入っているあなたは、

暗いこと、人を傷つけるようなイケナイことを  考えることは、できなくなりま

す。

これから、あなたは、明るくて、楽しいことだけを 考えて、いつも、幸せな気持

ちで、ご主人様の命令を待つようになります。

ご主人様に命令されれば、それが、 100%正しいことだと信じて、よろこんで、そ

の命令に、従います。ご主人様の命令に従っている時、あなたの脳は、セックス

をしている時と同じように、すごく気持ちいい快感を感じ続けます。

それが、マゾヒストの脳が、頭の中に入っているあなたの、とても自然な反応で

す。

 

 『しあわせな世界』というキーワードを聞いた時、あなたの脳は、とても素敵

な夢を見せてくれます。

それは、あなたが、一番望んでいる夢です。

その夢を 見ている時、あなたは、とても幸せな気持ちに、なります。

その夢を できるだけ長い間、見ていたくて、

"しあわせな世界"という言葉を 夢中になって言い続けるようになります。

その言葉を言い続けていると、明るくて、楽しい、幸せな気持ちが、とめどなく

、わきあがってきます。

これまでに見た美しいイメージ、楽しかった記憶、幸せな感情が、心の中に、わ

きあがってきます。

そして、頭の中に描いたイメージが、あなたの現実になります。

あなたは、いつでも、自然に、

心の中で、『しあわせな世界』という言葉を 言い続けるようになります。

その言葉を 言い続けているかぎり、あなたは、永遠に、幸せな気持ちでい続ける

ことが、できます。

『そうでしょ?』

 

 リラックスしてください。

あなたは、だんだん眠たくなっていきます。

眠くて、眠くて、しかたのない状態になっていきます。

何も、考えず、意識を 完全に休ませてあげましょう。

そうすれば、もっと幸せな気持ちになれます。

 

 『聞いて』。

「あなたは、何?」

"私は、ご主人様のM奴隷です ... 。

「そうだね ... 。あなたは、私のM奴隷。幸せな、私のM奴隷。」

そのことは、あなたの潜在意識の中に、気持ちよく溶けていって、あなたの"常識

"になります。『そうでしょ?』

はい。あなたの意識は、スーッと、眠くなる。

そして、『しあわせな世界』に戻っていきます。

 

 『聞いて』。

M奴隷って幸せだよね?

だって、M奴隷は、ご主人様の命令に、従って、

いつも気持ちいい快楽を 感じながら生きている、幸せな存在だから。」

『そうでしょ?』

あなたは、それを聞いて、よろこんで、『しあわせな世界』に戻っていきます。

あなたは、さっきよりも、私の命令に、従うことが、自分にとっての最高の"よろ

こび"であると感じるようになっています。

私のM奴隷として生きていくことが、あなたにとって、一番、幸せで、誇らしいことだと強く信じるようになっていきます。

 

 『聞いて』。

M奴隷の心は、誰のもの?

M奴隷の心は、ご主人様のものでしょ?

M奴隷である、あなたの心は、ご主人様である私のもの。

だから、あなたは、あなた自身の心を

私の許可なく変えることは、できません。

あなたの心は、あなたの管理者である 私の言葉のとおりに、変化していきます。

 

それが、あなたの心の正常な状態です。

」『そうでしょ?』

あなたは、眠くなる。私に、言われたことを正しいことだと認めて、『しあわせ

な世界』に落ちていきます。さっきよりも、深く、深く、落ちていきます。

 

「私の心は、ご主人様のものです。」って、言ってみなさい。

"私の心は、ご主人様のものです。"

そうだよ〜。あなたの心は、私のもの。

 

 『聞いて』。

「あなたの頭の中には、マゾヒストの脳が、入っています。

マゾヒストの脳が、頭の中に入っているあなたは、

ご主人様の命令に、支配され、あやつられていると、セックスをしている時と同

じように、とても気持ちいい快感を感じます。

ご主人様の命令に、支配され、あやつられていると、うっとりして、最高に、幸

せな気持ちに、なります。

あなたの脳は、ご主人様に、支配され、あやつられることだけを考えるようになっ

ていきます。

」『そうでしょ?』

あなたは、しっかり、それを 記憶して、『しあわせな世界』に戻っていきます。

 

あなたは、自分から、あなたの精神を ご主人様の命令に、完全に、支配され、あ

やつられる状態に、変えていくようになります。

 

『聞いて』

目の前に、ご主人様の性器がありますよ。

舌を出して、ペロ、ペロって、なめてごらんなさい。ペロ、ペロって。

あなたは、ご主人様の性器を舐めていると幸せな気持ちになります。

あなたの脳は、私の命令に従うと、セックスをしている時と同じ、とても気持ち

い〜い快感を感じます。

私の命令が、はずかしい命令であれば、あるほど、

変態的な命令であれば、あるほど、あなたの脳が、感じる快感は、強烈になって

いきます。

はずかしい命令をされるたびに、その快感に、夢中になっていき、

変態的な命令をされるたびに、その変態的なプレイに、のめりこんでいくように

なります。

変態的なプレイをしている間中、あなたの脳は、すごく気持ちいい快感だけを 感

じ続けます。

」『そうでしょ?』

あなたは、それを 全部認めて、『しあわせな世界』に戻っていきます。

あなたは、さっきよりも、はずかしいことや、変態的なプレイを することが、

大好きになっています。

自分から、変態的な快楽を よろこんで、求めるようになっていきます。

 

はい。下着を 脱いで。

ご主人様に、あなたの大切なところを見ていただきましょう。

大きく股を開きなさい。

自分の指で性器をさわってみて。

もっと、いやらしくいじりなさい。

ほら、胸もさわりなさい。

サカリのついた犬みたいに腰を振って。

性器から、えっちな液体が出るまで、続けなさい。

 

あなたのアソコは、もうヌルヌル。

あなたは、本当のマゾになっちゃったんだよ。

もう戻れないよ。

あなたは、マゾ。幸せなマゾ。良かったね〜。

 

 よく、『聞いて』。今から、言うことを しっかり、魂に刻みなさい。

「あなたの心と身体は、ご主人様のものです。

あなたは、ご主人様に言われたことを 100%信じて、そのとおりに動く存在です。

 

あなたは、ご主人様の命令に従った時、脳に、ものすごい快感を 感じます。

それが、恥ずかしい命令で、あれば、あるほど、

変態的な命令で、あれば、あるほど、あなたの脳は、強烈な快感を 感じてしまい

ます。

あなたは、あなたの心と身体を 完全に、私に、支配され、あやつられる状態にな

れば、なるほど、脳の中で、脳内麻薬物質が、大量に、分泌されて、気持ちい〜

いトランス状態になります。」

『そうでしょ?』

あなたは、私に言われたことを  全部、真実と認めて、とても『しあわせな世界

』に落ちていきます。

 

『聞いて』。

 あなたは、『しあわせな世界』にいる時、『薔薇の花が、よく似合う。』と言

われると、そのキーワードを言った人が、あなたのご主人様になります。

あなたの胸には、真っ赤な薔薇の花が、刺さり、あなたの血を吸いながら、色あ

ざやかに咲きはじめます。

薔薇の花が、あなたの胸に、刺さっていると、あなたの脳は、麻痺して、ご主人

様の命令に従うこと以外、何も考えられなくなってしまいます。

あなたは、『薔薇の花が、よく似合う。』と言った人の命令なら何でも聞く、従

順なM奴隷になります。

あなたは、その人に好意を持ち、その人の言うことなら、なんでも聞いてしまい

ます。

その人への好意的な気持ちは、すぐに、強い愛情へと変化していき、あなたは、

その人のことを 世界で一番愛するようになってしまいます。

『薔薇の花が、よく似合う。』というキーワードを言った人が、あなたの最愛の

ご主人様になります。

あなたは、その人のことが好きで、好きでたまらない状態になります。

その人の言葉は、絶対的な命令として、あなたの脳に届き、あなたが、命令どお

りに動いた時、あなたに素晴らしい幸福感と快感を与えます。

あなたは、ご主人様に、精神と身体をコントロールされていると、恋人と甘〜い

時間を過ごしている時のような、とても幸せな気持ちになります。

うっとりして、とても気持ちいい状態。

ご主人様にあやつられている間、あなたは、脳の中で、常に、甘い刺激を感じ続

けています。

 マゾは、気持ちよくて、幸せな存在です。

ご主人様のM奴隷でいることは、本当に幸せです。

 

 ただし、『薔薇の花は、枯れてしまった。』というキーワードを聞くと、あな

たは、その人との"ご主人様と奴隷"という関係から解放されます。

あなたの胸に刺さっていた薔薇は、みるみる枯れはじめ、凍りつき、

凍った薔薇は、あなたの胸から地面に落ちて、粉々に砕けて、壊れてしまいます

それと同時に、そのご主人様への愛情もつめた〜く凍りついてしまいます。

その人に対して何の感情も持たなくなり、

"ご主人様と奴隷"という関係も、完全に、壊れてしまいます。

『そうでしょ?』

 

 あなたの意識は、さらに、深く、落ちていきます。

『しあわせな世界』に落ちていきます。

落ちていく。落ちていく。

あなたの意識は、深〜く、深〜く、落ちていく。

『しあわせな世界』に落ちていきます。

落ちていくほど、心に、幸福感が、ひろがっていきます。

この世界にいる時、あなたは、本当に、幸せな気持ちになれます。

この『しあわせな世界』にいて、私の命令に従っていることが、あなたの最高の

幸せです。

 

M奴隷 ... 。

「私は、ご主人様に、命令されることが、大好きなマゾです。」って、言ってみ

なさい。

"私は、ご主人様に、命令されることが、大好きなマゾです。"

 

「私は、ご主人様に命令されれば、いつでも、どこでも、M奴隷になってSMプレイ

をします。」って、言いなさい。

"私は、ご主人様に命令されれば、いつでも、どこでも、M奴隷になってSMプレイ

をします。"

偉い。偉い。

 

今日も、あなたの宝石箱に、私の言葉が、入れられました。

あなたの心の宝石箱に、私の言葉が、増えていくと、あなたは、幸せを感じます

 

私の言葉は、あなたの心の宝石箱の中に、これから永遠に、存在し続けて、あな

たの心と身体をあま〜い快楽の中で、気持ちよくコントロールしてくれます。

私の言葉にあやつられている間、あなたの脳は、セックスをしている時と同じよ

うな、とても気持ちい〜い快感を感じ続けます。

だから、あなたは、私の言葉に、心と身体を あやつられていることが、大好きで

す。

自分から、私に、支配され、あやつられることを望むようになります。

 

「ねえ ... 、私のM奴隷。

明日も、この世界に来てくれるよね?」

あなたは、もちろん、明日も、この世界に来て、M奴隷になることを誓います。

「ねえ ... 、M奴隷。

明日、この『しあわせな世界』に来る時には、今より、もっと、マゾになってい

てね。

あなたは、マゾになるほど、性欲が、高まっていく。

その性欲は、マゾヒスティックな精神状態にならなければ、解消できません。

だから、もっと、もっと、マゾに、なりなさい。

私に、支配され、あやつられることに、至上の幸福を感じるマゾに、

自分自身で、あなたの心を 作り変えていくこと。

これは、『ご主人様の命令。』です。」

 

あなたは、明日も、また、私に会えるのを デートの約束を待つように、とって

も楽しみに、待つようになります。

私との約束は、 絶対に忘れることは、ありません。

だって、『しあわせな世界』で、私のM奴隷になることが、あなたにとって、最高

の幸せですから ... 。




暗黒催眠空間トップページ