成人向け催眠小説 メトロノーム(序)


あら、いらっしゃい
貴方は・・・、はじめての方かしら?
ふふふ、別に警戒しなくてもいいのよ
私はここの主(あるじ)
ここに来た方は全て覚えているの
だから、確認しただけ

さて、本題に入りましょうか
貴方はここがどんな場所かわかってて来たのでしょう・・・

そうここは、貴方に催眠術をかけて気持ちよくしてあげる部屋

貴方は気持ちよくなりたいから私のもとへ来たのでしょう?

だから私は貴方に催眠術をかけて、気持ちよくしてあげるの

ふふ、楽しみでしょう・・・


じゃ、早速準備をしましょうか

まずは電気を消して、途中で邪魔が入らないように鍵をかけましょう

そしたら下着姿になって仰向けに寝て頂戴

え、下着になる理由?

それは勿論リラックスするため

寝ている最中はパジャマとかゆったりとした楽な格好になるでしょ
それと同じよ
余計な服なんて脱いで楽になってね

ほんとは裸の方がいいけど、さすがに恥ずかしいでしょうから今は許してあげる

それじゃあ、準備も整ったことだし本格的に始めるわよ


貴方は私の声に意識を集中させて・・・

他の音が気にならなくなり、聞こえなくなるように
私の声だけに集中させてね

それじゃ、深呼吸をしましょう
貴方の好きなペースでいいからゆっくりと

吸って〜・・・

吐いて〜・・・

吸って〜・・・

吐いて〜・・・

私の声に集中しながら・・・

吸って〜・・・

吐いて〜・・・

吸って〜・・・

吐いて〜・・・

そのまま続けてね・・・





今、部屋の中には貴方と私の二人だけ・・・

真っ暗で何も見えないけど、私はちゃんといる・・・

そう・・・
貴方の隣に・・・

いつの間にかに・・・

それも貴方の耳に
息が当たるぐらい近く・・・
貴方の耳元で・・・

私は囁きかけている・・・
そう・・・

貴方だけに・・・





〜〜〜〜メトロノーム(催眠)へ続く〜〜〜〜〜

















暗黒催眠空間トップページ