成人向け催眠小説 ソープ嬢のいいなり〜石鹸遊園地でウハウハ〜02







さぁ、ここから貴方にHな暗示をたっぷり入れてあげるね。

『聞いて』
私の言葉に従うと脳は甘〜くとろけて、性的興奮を感じちゃう。
思考は蜂蜜のように溶けていって、私に従う事以外の感情を
完全になくしてしまうの。
イメージして。
貴方の目の前には体をローションまみれにした私がいます。
爆乳、お腹、性器、太腿、ぬるぬるで凄くH!
これから、私が貴方の上に覆いかぶさっちゃうよ。
柔らかい肉布団で、全身を優しく包んであげるね。
甘〜い匂いに包まれて、頭の中は快感のことだけ。
天国にいるみたいな気分を味わえるよ。
『そうでしょ?』

★ほ〜ら、覆いかぶさっちゃった!
(ここから、次の★までねちょねちょ効果音)
爆乳で、貴方の胸とお腹ををいじめちゃう。
時計回りに円を描きながら、にゅるにゅる動いちゃう。
いっぱい気持ちよくしちゃう。
爆乳、温かくて柔らかいでしょ?
どう?
すごく気持ちいいでしょ?
もっと動いてあげる。
ほ〜ら。
気持ちいいね。
次は太腿で、貴方の太腿と性器をいじめちゃう。
時計回りに円を描きながら、にゅるにゅる動いちゃう。
いっぱい気持ちよくしちゃう。
太腿も、温かくて柔らかいよね?
どう?
すごく気持ちいいでしょ?
もっと動いてあげる。
ほ〜ら。
気持ちいいね。
ほ〜ら、ほ〜ら。
今度はこうやって前後に動いちゃうよ。
ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら。
Hな肉布団、たまんないでしょ?
私の性欲が解消するまで激しく愛撫しちゃうよ。
ほ〜ら、ほ〜ら。
女の子にこういうことされたことないの?
初めてなの?
ふふっ。
私に愛撫されると、脳内麻薬物質が大量に分泌されちゃうの。
ほ〜ら!
どんどん分泌されちゃう。
Hな快感でいっぱいになる。
激しく責められれば責められるほど、快感はより強くなっちゃうよ。
ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら。
プレイに夢中になって!
脳がとろとろにとろけるような快感が続くよ。

じゃあ、ここからおしゃべりなしで、10分間連続、肉布団責め。
イキたくなったら、何回イってもいいよ。
ちょっと、スパイスきかせちゃうね。
…感度2倍!!…じゃあ、続きいくよ?
(宣言どおり肉布団責めを10分間連続で)★




































暗黒催眠空間トップページ