成人向け催眠小説 ソープ嬢のいいなり〜石鹸遊園地でウハウハ〜03







よく我慢したね。
ご褒美にパイズリしてあげる。

『聞いて』
私の言葉に従うとセックスしてる時よりも気持ちよ〜くなれるの。
マゾの快感を伝える脳神経だけが、今までの千倍気持ちよ〜く
感じるようになっちゃうの。
イメージして。
貴方の目の前に私のHな爆乳があるよ。
これで性器を挟んでいじめちゃうの。
私の爆乳はオマンコ爆乳。
だから、いじめられるとオマンコで責められてるみたい。
ぎゅっぎゅって締め付けられて、たまんないよ?
性器が溶けちゃいそうな快感を味わえるの!
でも、精液は出なくなるよ。
何故か根元がぎゅっと締め付けられちゃう。
普段なら射精する位気持ちよくなっても、私が許可しないとイケなくなる。
『そうでしょ?』

☆ほ〜ら、パイズリしちゃうよ!
(ここから、次の☆までねちょねちょ効果音)
爆乳が性器を挟んでにゅるにゅる動いちゃってる!
たまんないでしょ?
もっといじめてあげる。
ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら。
どう?
オマンコ爆乳気持ちいいでしょ?
もっと締め付けちゃうよ。
ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら。
あれっ、もう射精したくなってきちゃった?
大丈夫よ。
さっき言ったでしょ?
私が許可しないと貴方はイケないの!
だから安心して、悶え続けてね。
どうせイケないんだし、オマンコ爆乳もっと速く動かしちゃうね!
(効果音スピードUP)
ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら。
気持ちいい?
まだ足りないよね?
ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら。
私性欲溜まってるから、まだ全然満足できないの。
ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら。
射精したい!
射精したい!
射精したい!
射精したい!
射精したい!
ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら。
ねぇ射精したいよね?
ふふっ、まだダ〜メ。
我慢するの〜。
ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら。
気持ちよすぎて気が狂いそうでしょ? ☆



































暗黒催眠空間トップページ