成人向け催眠小説 ソープ嬢のいいなり〜石鹸遊園地でウハウハ〜04







え?まだ物足りないの?
じゃあ、止めをさしてあげる。

今度はペニスバンドでアナルをいじめてあげるね。
嫌らしいお尻を出して。
…ほら、ペニスバンドがアナルの入り口に当たってるよ。
少しずつアナルに違和感を感じてくるよ。
ほら、何だかアナルがくすぐったいでしょ?
先っちょが少しずつアナルに入っていくよ。
少しずつ、奥に…。

(ここから、次の◎までねちょねちょ効果音)
アナルの中で先っちょがぐにょっと動く。
アナルが熱くなる。
熱いよ〜。
でも、アナルがだんだん気持ちよくなってくる。
ほ〜ら、気持ちいい。
もう少し深く入れるよ?
力を抜いてみて。
…ほらっ!どんどん深く入ってくよ!
体に電流が走る。
アナルがどんどん拡がっていく。
アナル気持ちいい!
ふう〜って、息を吐いて。
…ほらっ!根元まで深く入れちゃった!
…あ〜あ、入っちゃった。
ペニスバンドが根元まで、アナルの中に入っちゃったよ。
じゃあ、ゆっくり動くよ?
動くたびにどんどんアナルが気持ちよくなっていくからね。
ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら、ほ〜ら。
下からどんどん突いちゃうよ。
アナル気持ちいい!
アナル気持ちいい!
気持ちいいよ〜!
ペニスバンドがアナルを出たり入ったりして気持ちいい!
たまんない!
まさか自分がアナルで感じるなんて思わなかったでしょ?
アナルで感じる男の子はね〜、変態なんだよ〜。
変態さんなの〜。◎


































暗黒催眠空間トップページ